メインコンテンツに移動

第751回東京定期演奏会<春季>

発売前 12月20日
19:00開演
( 18:20開場 )
14:00開演
( 13:10開場 )

指揮:アレクサンドル・ラザレフ[桂冠指揮者兼芸術顧問]
ピアノ:阪田知樹

thumbnail image
アレクサンドル・ラザレフ
ⓒ山口敦
thumbnail image
阪田知樹
ⓒHIDEKI NAMAI

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 op.16
タネーエフ:交響曲第4番 ハ短調 op.12


S¥8,000 A¥6,500 B¥6,000 C¥5,000 P¥4,000 Ys(25歳以下)¥1,500

  • Ys席:25歳以下の方が対象のお席です。S席以外から選べます。

 

ラザレフとの「ロシアの魂」を巡る旅。今回は名匠タネーエフの世界。

桂冠指揮者兼芸術顧問のラザレフとは長年に渡ってロシア音楽の真髄を追及してまいりました。そして今回取り上げるのはセルゲイ・タネーエフ(1856-1915)の代表作、交響曲第4番です。世代としてはチャイコフスキー(1840年生まれ)とラフマニノフ(1873年生まれ)の丁度中間あたりになります。タネーエフはチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番のモスクワ初演でソロを弾き、モスクワ音楽院ではラフマニノフを教えてもいます。彼ら同様作風は保守的。ただどちらかと言うとメロディよりも構築性を重視する作風で、その「カッチリ」とした音楽は我らがラザレフのお気に入りの理由です。マエストロ・ラザレフとしては絶対に避けられない重要作であり、今回日本の皆様にご紹介出来ることを大変喜んでいます。

 

 
 【年間定期会員券】(第743回~第752回)
 2022年6月1日(水)11時 発売
 S¥48,000  A¥38,000
 B¥35,000 C¥30,000
 P¥21,600(4月を除く全9回)
 Ys(25歳以下)¥13,000

 【春季定期会員券】(第748回~第752回)
 2022年12月1日(木)11時 発売
 S¥26,000  A¥21,000
 B¥19,000 C¥16,000
 P¥13,000 Ys(25歳以下)¥7,000

 定期会員特典の詳細はこちら


ご来場時の新型コロナウイルス感染症予防対策のお願


助成:文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)
   独立行政法人日本芸術文化振興会

協賛:鹿島建設株式会社、三井不動産株式会社


※未就学児のご入場はご遠慮ください。
※託児サービスは見合わせております。