【新譜】福間洸太朗、日本フィルハーモニー交響楽団メンバー ピアノ協奏曲第1番(弦楽五重奏伴奏版)、ノクターン第8番 

福間洸太朗、待望の『ショパン:ピアノ協奏曲第1番』レコーディング!
日本フィルハーモニー交響楽団メンバーによる弦楽五重奏をバックに、
繊細で瑞々しく、華麗なピアニズムが展開

横浜みなとみらいホールの休館期間中(2021年1月~22年10月)、横浜市内各区のホールや公会堂などの文化施設を巡り、室内楽編成による協奏曲をお届けするシリーズ「横浜18区コンサート」が開催されています。
このCDは、同コンサート・シリーズの中から、2022年1月27日に鶴見区民文化センター「サルビアホール」で開催された、福間洸太朗と日本フィルハーモニー交響楽団メンバーによる演奏をライヴ収録したものです。
ソリストの福間洸太朗は、多岐にわたるジャンルのCDをリリースするかたわら、国内外の著名オーケストラとの共演も多く、今日まで、たくさんのファンを魅了してきました。今回、日本フィルハーモニー交響楽団の俊英メンバーによる弦楽五重奏との共演による、待望の『ショパン:ピアノ協奏曲第1番』の録音が完成しました。
コロナ禍により、客席数が制限されるなどの影響を受ける中で行われた演奏会、ソリストと弦楽五重奏メンバーたちが心を通わせ、豊かな共感をもって表現したショパンの抒情的な世界は、聴衆に深い感動を与えました。

【収録情報】
ショパン:
1. ピアノ協奏曲第1番ホ短調 Op.11(ケヴィン・ケナー、クシシュトフ・ドンベク編、室内楽版)
2. ノクターン第8番変ニ長調 Op.27-2

 福間洸太朗(ピアノ)
 日本フィルハーモニー交響楽団メンバー(弦楽五重奏:1)
  田野倉雅秋(ヴァイオリン)
  竹歳夏鈴(ヴァイオリン)
  安達真理(ヴィオラ)
  石崎美雨(チェロ)
  高山智仁(コントラバス)

 録音時期:2022年1月27日
 録音場所:横浜市鶴見区民文化センター サルビアホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
 日本語帯・解説付き

https://cafe.ebravo.jp/kotaro-fukuma