【謹告】12/15(水)19(日)第九特別演奏会2021 出演者変更のお知らせ

2021年12月15日(水)、19日(日)第九特別演奏会2021へ出演を予定しておりました菅野敦(テノール)は、体調不良のため降板することとなりました。
代わりに村上公太が出演いたします。何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

 

村上公太(テノール)

東京音楽大学声楽演奏家コース卒業。新国立劇場オペラ研修所修了後、渡伊。ジュゼッペ・ディ・ステファノ国際コンクールにおいてリゴレットのマントヴァ公爵役を獲得し出演。シンガポール・リリック・オペラ《魔笛》《椿姫》《ラ・ボエーム》主演の他、新国立劇場《ファルスタッフ》フェントン、日生劇場《コジ・ファン・トゥッテ》フェランド等に出演。近年は新国立劇場において、’20年《夏の夜の夢》ライサンダー、《こうもり》アルフレード、’21年《イオランタ》アルメリック、《カルメン》ドン・ホセ、《ニュルンベルクのマイスタージンガー》フォーゲルゲザング、《蝶々夫人》ピンカートンを演じ、いずれも好評を博す。コンサートでも「第九」の他、ヘンデル「メサイア」、モーツァルト「レクイエム」等でソリストとして活躍。二期会会員