6/19(日)小宮正安氏による朝日カルチャーセンター横浜教室 横浜定期関連講座開催

まもなく50周年を迎える日本フィル横浜定期演奏会は、2022/23年のシーズンから、新たなコンサートの楽しみ方<横浜カルチュラル・ワンダーランド>というコンセプトで幕を開けます。
このコンセプトの企画監修を務める小宮正安氏が、同定期演奏会で取り上げられる曲目を通じて、音楽や文学や歴史が響き合う同定期演奏会の魅力を語ります。
プレ企画として、今回は7月2日の横浜定期演奏会で取り上げられるベートーヴェン『交響曲第6番《田園》』の謎に迫る回。
数々の図版や日本フィルハーモニー交響楽団の貴重な映像も交えてお楽しみいただきます。

 

日本フィル 横浜カルチュラル・ワンダーランド プレ企画

「《田園(パストラーレ)》とは何か?
~ベートーヴェン『交響曲第6番』の秘められたメッセージ~」

2022年6月19日(日)12:45~14:15

講師:小宮正安(横浜国立大学教授・ヨーロッパ文化史研究家)
受講料:一般 4,433円 設備費165円

朝日カルチャーセンター会員の方は3,333円。70歳以上入会無料(年齢の証明書をご提示ください)

 

関連公演 
日本フィル第379回横浜定期演奏会
2022年7月2日(土)  17時00分 神奈川県民ホール
指揮:広上淳一[フレンド・オブ・JPO(芸術顧問)]
ピアノ:福間洸太朗
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番、交響曲第6番《田園》

 

【お申込み・お問合せ】

朝日カルチャーセンター横浜教室

〒220-0011
横浜市西区高島2-16-1 ルミネ横浜8階
tel:045-453-1122

インターネット申込み