第27回(2019年度)渡邉曉雄音楽基金 音楽賞・特別賞受賞者発表

第27回(2019年度)渡邉曉雄音楽基金 音楽賞・特別賞受賞者発表

◆音楽賞  該当者なし

◆特別賞  本名 徹次(指揮者)・山田 正幸(「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」総合プロデューサー)

 

本名 徹次(指揮者)

「略歴」 
ベトナム国立交響楽団音楽監督・首席指揮者。2013年秋には日越外交関係樹立40周年を記念して同団との日本ツアーを行い好評を博した。2014年秋には、モスクワ音楽院チャイコフスキー記念大ホール等で初めて公演を行った。東京国際音楽コンクール最高位、トスカニーニ国際指揮者コンクール第2位、ブダペスト国際指揮者コンクール優勝。これまでにミラノ・スカラ座管、ヴェルディ響、プラハ放送響、フィルハーモニア管等数多くのオーケストラを指揮、またベトナム国立響とは2010年ハノイ遷都1000年祭を記念し、マーラー交響曲第8番「千人の交響曲」を指揮、2011年には同団初のアメリカ公演、13年にはイタリア公演を成功に導いた。2012年11月には、長年のベトナム音楽界への貢献に対しベトナム政府より文化功労賞を授与された。2018年9月、ベトナム各国友好組織連合会より諸国平和友好記念章を授与される。

「授賞理由」
本名氏は日本およびアジア・ヨーロッパのオーケストラで旺盛な指揮活動を続ける中、2001年からベトナム国立交響楽団ミュージック・アドヴァイザー兼指揮者に就任、2009年には音楽監督兼首席指揮者に就任、ベトナムを拠点とし現在に至る。ベトナムにおけるオーケストラ文化の普及・振興のみならず、同楽団を率いてアメリカ、イタリア、日本、ロシアツアーを行うなど、国際発信・交流も積極的に行い、文化交流使節としての楽団の役割と、著しい演奏水準向上の双方に貢献している。「オーケストラはアジアの時代」と言われ久しい中、同胞アジアの音楽文化への貢献はまさに、渡邉曉雄音楽基金特別賞にふさわしい。

 

山田 正幸(「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭」総合プロデューサー)

「略歴」 
1942年 石川県生まれ。金沢大学教育学部卒業後、能登の高校に教諭として19年間勤務。その間、合唱部や吹奏楽部を指導して全国大会に導いたほか、近隣の高校生達で能登青少年吹奏楽団を編成し、スイス(ジュネーブ音楽祭)やアメリカ(ローズパレード)等海外にも遠征。1988年に石川国体局式典課で国体音楽を担当。翌年、作られて間もないオーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)事業部長となり、以後、事務局長、GM、常務理事を歴任し、初代音楽監督である故岩城宏之氏と共にOEKの発展に尽力する。2008年から2代目井上道義監督を補佐し「ラ・フォル・ジュルネ金沢音楽祭」のチーフ・プロデューサーを務め、現在は新しく発足した北陸を中心とする「風と緑の楽都音楽祭」の総合プロデューサーを務める。

「授賞理由」
石川県立高等学校教諭を経て財団法人石川県音楽文化振興財団(オーケストラ・アンサンブル金沢)事業部長、事務局長、ゼネラルマネージャーを歴任した山田氏は、後に地域におけるオペラや音楽祭のプロデューサーとしても活動し、その長いキャリアにおいて一貫して地元石川県の音楽文化振興に携わりながら、地域における音楽文化の振興に寄与し、また、地域においてオーケストラが果たしうる役割を拡大させ、石川県からわが国の音楽界へ発信を続けた。長年にわたる音楽による地域振興発展への寄与は、渡邉曉雄音楽基金特別賞にふさわしい活動といえる。

 

渡邉曉雄音楽基金 受賞者一覧

第1回 (1993年度) 音楽賞:大野和士 特別賞:延命千之助
第2回 (1994年度) 音楽賞:広上淳一 特別賞:村川千秋
第3回 (1995年度) 音楽賞:該当者なし 特別賞:小川昂、鈴木清三、田中諄
第4回 (1996年度) 音楽賞:高関 健 特別賞:該当者なし
第5回 (1997年度) 音楽賞:該当者なし 特別賞:佐治敬三
第6回 (1998年度) 音楽賞:金 洪才 特別賞:石丸寛
第7回 (1999年度) 音楽賞:沼尻竜典 特別賞:松原千代繁
第8回 (2000年度) 音楽賞:大友直人 特別賞:長岡實、江藤俊哉
第9回 (2001年度) 音楽賞:該当者なし 特別賞:該当者なし
第10回 (2002年度) 音楽賞:下野竜也、藤岡幸夫 特別賞:上原正二
第11回 (2003年度) 音楽賞:佐渡 裕 特別賞:渡邊正治、山本直純
第12回 (2004年度) 音楽賞:阪 哲朗 特別賞:三善晃
第13回 (2005年度) 音楽賞:飯森範親 特別賞:草刈津三
第14回 (2006年度) 音楽賞:該当者なし 特別賞:金山茂人、大川内弘
第15回 (2007年度) 音楽賞:上岡敏之 特別賞:小野寺昭爾氏、日本フィル九州公演連絡会議(団体)
第16回 (2008年度) 音楽賞:該当者なし 特別賞:岩城宏之
第17回 (2009年度) 音楽賞:該当者なし 特別賞:ジャン・フルネ、財団法人アフィニス文化財団
第18回 (2010年度) 音楽賞:該当者なし 特別賞:若杉弘、日本近代音楽館
第19回 (2011年度) 音楽賞:該当者なし 特別賞:小澤征爾 特別支援:仙台フィルハーモニー管弦楽団
第20回 (2012年度) 音楽賞:山田和樹 特別賞:中藤泰雄
第21回 (2013年度) 音楽賞:該当者なし 特別賞:永田穂
第22回 (2014年度) 音楽賞:該当者なし 特別賞:児玉幸治
第23回 (2015年度) 音楽賞:川瀬賢太郎 特別賞:ユベール・スダーン、秋山和慶
第24回 (2016年度) 音楽賞:該当者なし 特別賞:アレクサンドル・ラザレフ、池辺晋一郎、井上道義
第25回 (2017年度) 音楽賞:該当者なし 特別賞:外山雄三、堤剛
第26回 (2018年度) 音楽賞:該当者なし 特別賞:エリアフ・インバル
第27回 (2019年度) 音楽賞:該当者なし 特別賞:本名徹次、山田正幸