「コロナ禍の一年」を支えてくださった皆様に、心より御礼申し上げます

 

「コロナ禍の一年」を支えてくださった皆様に、心より御礼申し上げます

 

 

新型コロナウイルス感染症の嵐が止まないまま、はや一年以上の月日が経ちました。
この間、皆さまから絶えず励ましのお言葉と厚いお力添えを頂戴いたしましたことに、心より御礼申し上げます。不安定な状況が続く中でも多くの皆様に演奏会へお越し頂いておりますことが、日々の活動の励みとなっております。

日本フィルは昨年2月末、突然の公演自粛要請からおよそ4か月間一切の活動を停止し、活動再開以降も感染拡大防止対策などの影響が続いた結果、2020年度だけで70公演が中止となり、一時は約6億円の収入が失われ、年間収支は4億円近い赤字見込みとなりました。給与カット等の自助努力だけでは回復には遠く及ばず、「存続の危機」といえる状態に追い込まれ、皆様に事業継続のためのご支援のお願いを続けてまいりました。

この間、可能な限り演奏会を実施しながら、国の補助金・助成金獲得に努め、杉並区等の自治体からの支援、稲盛財団をはじめとする民間財団の助成、金融機関のご支援もいただきました。何より大きな力となりましたのが、全国の皆様から頂戴したご寄付です。その額は一億円を超えるものとなり、「何としても存続してほしい」という強いメッセージとともに日本フィルを力強く支えてくださいました。涙が出るほどにありがたく、改めて衷心より御礼申し上げます。

こうしたご支援のお陰を持ちまして、2020年度決算は奇跡的に赤字を回避できる見通しとなりました。これで一見存続の危機を脱したようにも見えますが、しかし変異株の拡大などコロナ禍の収束の目途が見えず、完全な形での活動には未だ戻れない中、演奏収入を主たる財源とする日本フィルにとっては2021年度も厳しい状況が続くと予測せざるをえません。

日本フィルは皆様からのお力を糧に、芸術性と社会性を兼ね備えた音楽団体として、新しい時代の社会の要請にしっかりと応えられるよう、自らの変革を行っていく所存でございます。どうか引き続き皆様には温かくお見守りいただくとともに、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

日本フィルハーモニー交響楽団
理事長 平井俊邦

 

■クレジット決済でのご寄付(オンライン寄付)

以下よりお進みください。1000円から設定が可能です。

https://www.japanphil.or.jp/support/fundraising

 

■振込みでのご寄付

振込みでご寄付いただく際は大変お手数ですが「寄付申込書」をご記入の上、郵送またはFAXで日本フィルまでお送りください。
またはお申込内容をメールにてご連絡をお願いいたします。

 

<振込先口座>

三菱UFJ銀行 高円寺支店(支店コード:155)
普通預金 0242402
公益財団法人日本フィルハーモニー交響楽団

※振込手数料はご負担くださいますようお願い申し上げます。

 

寄付申込書をダウンロード(印刷用pdf)

Word書き込み用はこちらから

 

<申込書送付先>

〇166-0011 東京都杉並区梅里1-6-1 日本フィルハーモニー交響楽団 寄付係 宛

〇日本フィルFAX:03(5378)6161

または

①ご芳名(ふりがな) ②ご住所 ③お電話番号 ④振込み金額 ⑤振込み日時 を以下アドレスへご連絡ください。

〇Eメール:donation@japanphil.or.jp

 

公益財団法人日本フィルハーモニー交響楽団への寄付金は、内閣総理大臣より寄付金控除の対象となる証明を受けています。寄付金のご協力を頂きますと、税制上の優遇措置が受けられます。

詳しくはご支援のページをご確認ください。https://www.japanphil.or.jp/support#tax

 

■未来の公演の権利をかって支援する(サポーターズクラブ)

~サポーターになって日本フィルを支えてください!~

 

■継続的な支援で応援する

パトロネージュ
日本フィルハーモニー協会
特別会員(法人)

 

温かいご支援に楽団員一同、心より御礼申し上げます。