世界初演!ロベルト:トランペット協奏曲《Tokyo Suite》曲目解説

12月19日(土)第313回横浜定期演奏会および12月20日(日)第九特別演奏会にて、
ガブリエル・ロベルト作曲トランペット協奏曲《Tokyo Suite》が世界初演されます。

当日のプログラムに掲載予定の曲目解説を、ひと足早く皆様にお届けします。

Program Notes:Concerto for Trumpet and Orchestra "Tokyo Suite" 
※作曲家本人による曲目解説(原文)

 Tokyo Suite has been conceived as an imaginary journey through the many districts, and many souls, of Tokyo.
 The traveller is a foreigner, a European, a “legal alien” that starts perceiving and painting the city in his mind: sometimes amazed, taken by surprise, or even slightly overwhelmed.
 Fascinated like Gershwin’s "An American in Paris", the observer is tempted by the glittering lights and the dizzying, never-ending traffic of cars and people; and in this organized frenzy he is captivated and enchanted by the peaceful quietness of the uncountable Buddhist and Shintoist temples, then suddenly stunned and mesmerized in Harajuku by the diverse, even grotesque characters disguised in costumes, somehow turning everyday life into a permanent Carnival.
 Within this kaleidoscope of emotions, he acknowledges the majesty of Shinjuku high-rises and daring skyscrapers, with their magnificence already anticipating, foretasting the joyful passion that will conquer the city during next 2020 Olympic Games.

Gabriele Roberto

<日本語訳>

 《Tokyo Suite》は、東京でたくさんの場所や人々と通じる中で、空想の旅として着想しました。
旅人は外国人、ヨーロッパから来た「合法な入国者(”legal alien”)」。彼がときに驚き、ときに圧倒されながら、頭の中で街を描き始めます。
 ガーシュウィン《パリのアメリカ人》のように、彼は光り輝く街のライトや眩暈がするほどずっと続いている渋滞、人々の往来に魅了されます。その整然とした熱狂の中で、無数にある仏教・神道のお寺の平和な静かさに心を奪われたと思うと、突然原宿では、まるで日々の生活が常にカーニバルであるかのように、多様でグロテスクともいえるコスチュームに身を包んだ人々に驚き、魅惑されます。
 この感情の万華鏡の中で、旅人は新宿の高層ビルや美しい摩天楼に感嘆し、この街にあふれる2020年オリンピックへの大きな期待と喜びに満ちた情熱をすでに感じているのです。

ガブリエル・ロベルト
 

12月20日第九特別演奏会の詳細はこちら
第九特別演奏会2015残席情報はこちら

※12月19日第313回横浜定期演奏会は完売しております。