60歳からの楽器教室

 

2002年9月、日本フィルが友好提携を結んでいる杉並区との交流プログラムの一環として、区内在住・在勤の方々を対象にした「60歳からの楽器教室」がスタートしました。日本フィルと杉並区民とのより一層の交流を目指すとともに、60歳を過ぎて生活に時間的なゆとりができた方に、新たな挑戦をして活き活きとした日々を送って頂くことを願って、現在は日本フィル主催事業として開催されています。
プロフェッショナルオーケストラの楽員(OB、OGを含む)が講師にした大人を対象とした楽器教室は全国的にも他に例がありません。

クラスはヴァイオリン、チェロ、フルート、クラリネットの4つ。日本フィルの楽員が1年間通して指導します。受講生は、初めて楽器に触れる方、若い時に少し演奏経験がある方など様々です。修了時には練習の成果を披露する修了発表会をホールで開催。共通の趣味を持つ仲間とともに身近に音楽に親しみ、「新しい目標を持つことで生活に張りができた」と大好評です。
 

練習の成果を修了発表会にて披露します。
 

ここで知り合った音楽仲間で修了後シニア・アンサンブルが結成されました